インターネットで遠方から車を買うときに注意すること

最近はやはりインターネット全盛の時代だけあって、自動車の購入もインターネットを見て、現地へ赴かずに済ませている方も多いかと思います。
そこで今回のテーマは、『インターネットで遠方から車を買うときに注意すること』です。

SAYA151005368760_TP_V.jpg

インターネットで遠方から車を買うときに注意すること


①中古車の場合は傷の状態やコンディションをしっかりと説明してくれるお店で買うこと

当たり前のようで僕のお店でも最も多いトラブルです。
特に傷に関しては「聞いて想像していたよりもひどかった」といった認識や感覚のずれも生じてきます。
僕の場合は、特に気になるところは個別に写真を撮影して送るなどして対応していましたが、写真も極力、傷がはっきりと写るように意識してました。

あとは内装のいたみや匂いもトラブルのタネです。
やはり実車を確認するのが一番ですが、どうしても欲しい車が行けない距離にあるというときは、店員さんに電話やメールで細かく確認しましょう。
対応に何か引っかかるものや、細かい対応が望めないときは、購入を諦めるのも手だと思います。

すぐに行けない距離では購入後のトラブルも相談しづらいですし、もめごとになった時には多大な労力がいります。
レビューを参考にするなど、遠方で購入するときはきめ細かい店員さん、お店から購入しましょう。

②保証内容はどうなっているか

これも重要ポイントです。機械ものである以上、故障やトラブルは避けられません
万が一の時の対応も含めて購入をしないと、後々後悔することになると思います。
最近では、販売店が保証するのではなく、保証会社が間に入ることによって、販売店まで車を持ち込まなくても近隣のディーラーで保証修理を対応してもらえるケースが増えてきました。
さらに言えば保証付きであっても、中には実質保証がついてないに等しい保証内容のものもありますので、保証期間はもちろん、保証の内容がどこまで含まれるのか、また実費負担はないのかをしっかりと確認しておきましょう。

③県外で購入する場合は基本的に陸送費や登録費用が別途かかってきます

安く買ったつもりが、陸送費でそこまでお買い得感がなくなってしまった。というケースも考えられます。
特に北海道や沖縄など、海を越えるパターンでは10万円ほどかかる場合もあります。
事前にお店に最終的にかかる金額を確認しておきましょう。

④付属品もチェック

意外と見落とされるケースですが、スペアキーや取扱説明書などの付属品もしっかりと確認しましょう。
特にスペアキーは、中古車の場合はついてないことも多々あります。
しかし、最近のスマートキーなどではディーラーで新たに作成する場合、2万円に達することも珍しくありません。

簡単ではありますが注意点をざっとご紹介いたしました。
購入後の付き合いも考えれば、通える範囲のお店と言うのが理想ですが、自分好みの一台を全国から探せるというのもインターネット販売の利点です。
やはり、中古車選びはお店選びという原点に帰って、遠方であっても信頼できそうなお店で購入するのがベストだと思います。

あと一つ付け加えておきますと、車体価格は安いにこしたことはありませんが、あまり安いのも注意しましょう。
基本的にマーケットが成熟した現在の中古車事情では掘り出し物というのは滅多にでません。
よくあるのは、車体は安いが諸費用が高い、オプションを無理やり付けられたなど。
あとひどいケースでは、無事故の車を安く買ったけど、ドア交換や板金個所が広範囲にわたるなど事故車寸前のものだったというケースもあります。

お店の情報も、某有名なG社やカー〇ンサーのレビューを見ることもできますが、はっきり言ってサクラを使った評価や友人知人を使った詐欺まがいのものも多いと思います。
お店の名前で検索すれば2ちゃんねるや地域の掲示板なども出てくるので総合的に判断してみてください。

それではまた次回...

◆中古車探しなら、自動車情報大手のりリクルートが運営するカーセンサーネットがおすすめです!全国のお店から自分だけの一台をリアルタイム更新で探せます。
下記リンクから、無料にてお問い合わせ、お見積りまでご利用いただけます。
自分だけの1台を見つけよう!『カーセンサーnet』


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事