中古車の契約キャンセルについて

今日は中古車の契約キャンセルについてお話ししていきます!

SAYA151005538606_TP_V.jpg
せっかく縁あって契約に至った中古車、納車まで待ち遠しい時間...
しかし、中には営業マンに強引に買わされてしまったり、よくよく考えなおしてみたら購入すべきではなかったなど諸事情あってキャンセルできないかと思い悩む方もいらっしゃるかと思います。

そこで気になる中古車の購入後のキャンセル手続き...

基本的に一般的な販売店では、中古車の店頭契約についてはクーリングオフがなくキャンセル料を前提とした解約になると契約時に説明しているかと思います。
確かに民法上、契約とは簡単に交わすべきものではなく、明確な購入の意思を示すものであります。
しかし、そこは人と人の付き合い、人それぞれに事情もあるでしょう。

ポイントごとに説明していきます


キャンセル料について

まっとうなお店であれば、まだ整備前だったり、あなたが注文した部品などの発注手続きを踏んでいなければキャンセル料はとらないと思います。
しかし、逆に言えば、整備が進んでしまっていたり、あなたが注文した部品が発注されてしまっているなどの場合は、お店側と協議して迷惑をかけた分は費用負担するのがマナーだと思います。
なので、時間を空けてしまうと費用負担の可能性は高まりますので、もしキャンセルする事態となってしまった場合は早急にお店に相談しましょう

キャンセルを申し出るタイミング

先ほども触れましたが、早いにこしたことはないです。
お店の人はあなたから注文を受けたら、納車に向けて着々と準備を進めていきますので、お互いのためにもキャンセルの話がでた時点で早めにお店の方に相談しましょう。

キャンセルできないと言われてしまったら

キャンセルを申し出たら『すでに車の準備もしているし、売買契約と交わしているからキャンセルはできない。クーリングオフがない旨も伝えているはずだ。』
こんなことを言ってキャンセルを断るお店もあるかと思います。
まずまともな会社ならばキャンセルの交渉に応じますが、中にはこんなことを言うお店、まだまだあるかと思います。
ならばキャンセル料を払うので詳しい内訳と現在の納車準備の進行状況を教えて欲しいと伝えましょう。
実際にお店の人が動いているならば多少のキャンセル料は仕方がないと思いますし、お互いのために前向きに解決に向けた話をする方がスムーズだと思います。
しかし!実際にかかってない費用を払う必要はないかと思いますし、法外に高い金額を請求されたならば然るべき措置をとるべきです。

まず思いつくのは消費生活センターかと思います。
客観的にみていただいたアドバイスをもらいましょう。
あとは周りに交渉ができる方がいるならば間に入ってもらって話をするか、そうでない場合は弁護士の出番かと思います。
弁護士費用ははっきり言って高額ですので最後の出番かと思いますが、内容証明の送付や存在のアピールなどお店側に対する抑止力にもなりますので検討されてみるのも手です。

でもまずは人と人の付き合いですので腹を割って事情を話してみましょう。

僕自身もキャンセルの話を実際されたことはありますし、うちの会社はキャンセルに関してはキャンセル料をとるように取り決めがされた契約書になってます。
でも正直に話しをしていただいて、まだ僕自身もお金が動く納車準備をしていない段階でキャンセル料をもらったことはないです。
お客様の話を聞いたうえで、事情を察し、お客様側にたって会社へ働きかけたこともありますので、まずは担当してくれた方に事情を話して相談してみましょう。
そのうえでどうしても応じてもらえない場合はしっかりと周りに相談しましょう。

ちなみにですが...警察は民事不介入ですので相談しても無下にあしらわれます...
ただ、脅迫や身の危険を感じさせるほどの言動などがあった場合には警察も動いてくれます。

問答無用にキャンセルできるケース

実はこんなケースもあります。
契約者が未成年のケース
契約に来られた方が未成年者で、親御さんの同意が確認できていないケースは問答無用でキャンセルできます。
お店側としては時間もとられているので迷惑ではありますが(笑)
お子さんが暴走してしまった場合はお店にお詫びをしてキャンセルしてください。

契約書や広告にうたわれている事実と現車が異なる場合
購入した車のグレードが記載のものと異なる、記載されている装備がついていない、実は事故車だった、メーターの巻き戻しが発覚した、著しい瑕疵があるにもかかわらず修理対応などをしてもらえないなどの場合は問答無用にキャンセルできます。

後見人がいるにもかかわらず単独での契約を結んでいた
かなりレアケースですが、うちでも過去に二件ほどありました。
契約者が痴呆症などで正常な判断ができなかったケース、精神的障害があって正常な判断ができなかったケースがありました。


今回は中古車のキャンセルについてお話しました!
せっかく縁あって購入にいたった車ですが、やむにやまれぬ事情ができた場合は、すみやかにお店の方に相談して円満に解約手続きを踏みましょう!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事