車で音楽を良い音で聞く①

こんばんは!
今日はいつもと少し趣向を変えてカーオーディオのお話です!
ドライブの時間はとても素敵なものですが、好きな音楽を良い音で聞けたならばより一層素敵な時間になるのではないでしょうか?
僕自身、バンドをやってたくらい音楽が好きなので、初めて車を買った時からもっと良い音で聞きたいなといろいろと試行錯誤してきました。

運転する女の子.jpg

自動車で良い音を聞くには主に二通りの方法があります

①自動車メーカーのオプションで装着されるプレミアムサウンドを選ぶ

【レクサス マークレビンソン】
【トヨタ トヨタプレミアムサウンド・スーパーライブサウンド】
【日産 ホンダ マツダ BOSEサウンド】
【三菱 ロックフォード】
【ベンツ BMW ハーマンカードン】

などなど...

お手軽であり、そして純正装着だけあって見た目もスッキリ!
音は基本的にバランスが良く、定位もしっかりしています。
ただ欠点としては、
◆コストパフォーマンスが悪い(オプションで20~60万くらいはします。そのお金で社外品のオーディオを組むとかなりいいレベルの音が出ます。)
◆好みに合わない音質の可能性がある(メーカーごとに音のキャラクターがある。)

②社外品のオーディオを装着する

カロッツェリアやアルパイン、ナカミチやDENON、フォーカスやJBLなどに代表される様々なオーディオメーカーから選んで自分だけのシステムが構築できます。メリットはなんと言っても自由自在な組み合わせ。
好みにや予算に合わせて好きなパーツが使えます。
デメリットとしては、
◆やりすぎるとお金がいくらあっても足りない
◆良い音を探し回って迷子になる可能性がある


①で説明したメーカー系のプレミアムサウンドは自動車ごとにセッティングされている場合が多く、やはり音のバランスがいいです。
ただ、後からシステム変更をしようと思うと大変なため、自分でオーディオをいじらない人向けだと言えます。
逆に自分の求める音がある場合には社外オーディオを組む方が効率的だと思います。
メーカーごとに強みのある音楽や音のキャラクターが違うため、ショップさんやネットで情報収集したり、実際に店頭で視聴されることをお勧めします。
僕も若い時は、オートバックスに行って、勝手に自分のCDで視聴してました(すいません…)

僕個人が感じるメーカーごとの特色は、
カロッツェリア
高音域の伸びが良く、特に女性ボーカルやPOPSは最高だと思います。あとタイムアライメントやイコライザーなどデジタル制御が細かいので後から調整をするのに向いています。
しいて欠点を言うならば、CD系のメカユニットの故障が多くて僕も泣かされたクチです。
でも、タイムアライメントを使って目の前にボーカルが浮かび上がったときの感動は今でも覚えてます。
スピーカーからアンプ、ナビなどまんべんなくアイテムを網羅してますので、初心者から上級者まで対応できる万能メーカーです。

アルパイン
内臓アンプの性能に優れ、外部アンプなしでもけっこういいパワーで鳴ります。また音も鮮明で特にROCK系やHIPHOPなど中低音域に強いです。
迫力のあるギターサウンド、しっかりと振動を感じるバスドラムなど音楽を体で感じる方にもおすすめです。
近年はBIGXに代表される大型ナビや、車種別の音セッティングなどカーエンターテイメントに力を入れてきているメーカーです。


そして社外メーカーでいく場合、まずはスピーカーなのかアンプなのか、デッドニングや電源強化はどうすればいいのか...
また次回細かい説明を入れていきます!

車で音楽を良い音で聞く②


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事