金利手数料は怖い、知っているだけで何十万円も得をする!

オートローンを取り扱う会社の方がみえて、
『ここ最近、長期払い(120回払いなど)のトラブルが増えてて困ってるんですよね』とのこと。
AKANE072160353_TP_V.jpg

大手のネ○ステージさんなどが取り扱う120回払いローンは、確かに月々の支払額を抑えながら自動車を購入できるメリットがあるのですが、支払いが長いということは、それだけ支払う金利手数料も高くなります。
そうすると心配なのが金利手数料を含めた総支払額です。

自動車を分割払いで購入すれば、当然金利手数料がかかってきます。
元金(借り入れをする金額)が大きいほど、金利手数料が馬鹿にできません。
月々の支払額だけでなく、総支払額(商品代に金利手数料を含めた額)がとても大事なんですね!
無理をして高い金利手数料を払って身の丈に合わない自動車を買うならば、まずは我慢して無理のない返済計画で購入できる自動車を買い、貯金ができてから理想の車を買うのがいいのかなと思います。

それでも、どうしても欲しい車がある方は、スポット返済や繰り上げ返済が可能なオートローンを使って、早めの返済していくのがいいと思います。
オリエントコーポレーションの『ニューバジェットローン』やプレミアファイナンシャルサービスの『ザンプレ』などが有名ですね。
あとは、自動車販売店で直接扱うオートローンは手続きが簡単だったり、審査がゆるい分、金利が高めです。
だいたい、実質年率7.8%~12%くらいが多いかと思いますが、銀行さんで扱うマイカーローンは3%前後であります。

◆例えば、200万円の自動車を買って5年(60か月)で返済する場合◆

・銀行で3%の手数料で借りた場合
元金200万円に対してかかる金利手数料は156,243円
総支払額は2,156,243円です。
・中古車販売店で9.8%の手数料で借りた場合
元金200万円に対してかかる金利手数料は537,852円
総支払額は2,537,852円です。

その差額はなんと

381,609円!!

これだけの差が出る金利手数料...怖くないですか?
お金を自分でコントロールして使うことはとても大事なことです!
お金に振り回されないように、計画的なカーライフをお楽しみください!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事