エンジンオイル交換の目安!交換の時期や走行距離の目安は?!

エンジンオイルの交換は、5,000km走行ごと、または6か月ごとのいずれか早い方に交換するのが一般的です!
最近の自動車ですと、1万kmもしくは1年以内のいずれか早い方という表記も見受けられますが、個人的には5,000km走行ごとに交換しています。

エンジンオイルの交換時期に関しては諸説ありますが、あまり早い交換サイクルを促すのはお店側からの営業(オイルを売りたい)だと思いますし、あまり長すぎるのもやはりエンジン保護の観点からするとあまり良くないと思います。
そこでおすすめなのは5,000km走行ごと、または6か月ごとのいずれか早い方に落ち着くと思います。
SAYA072160333_TP_V.jpg
あとはオイルの種類も様々出ていて迷うところですが、よほどのこだわりがない限り、ベーシックタイプのもので充分だと思います。
軽自動車であれば2,500~3,000円、普通自動車であれば4,000~6,000もあれば交換できます。
1万円以上するような高級オイルを勧めてくるお店もあるかも知れませんが、日常ユースではまず必要ないと思います。
高級オイルを入れるより、ベーシックなオイルをマメに交換する方が車には良いです。

エンジンオイルには、『車の血液』と呼ばれるほどに重要な作用があり以下の通りです。

防錆作用・・・エンジン内部に錆が出るのを防ぎます
洗浄作用・・・エンジン内部の金属粉や異物を洗い流してくれます
緩衝作用・・・エンジンオイルがクッションになって部品同士の衝撃をやわげます
潤滑作用・・・金属同士の摩擦を軽減します
冷却作用・・・高温になるエンジンの熱を奪って冷やしてくれます
気密作用・・・ピストンとシリンダーの隙間をふさぐ

エンジンオイル交換をあまくみて、いつまでも放置してしまうとエンジンの焼き付きなどの大きなトラブルを生じて高額な修理代が発生するケースもあります。

エンジンオイルの交換は、
・自動車を購入したお店(整備工場がある場合)
・ガソリンスタンド
・カー用品店(オートバックス、ジェームス、イエローハットなど)
・オイル交換専門店
などで行うことができますので、しっかりと定期交換を行い、愛車を大事に長く乗ってください!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事