自動車バッテリーの寿命

自動車のバッテリーは、正常に自動車を作動させるためになくてはならない存在です。
まずエンジンをかけるためにセルモーターを回すのもバッテリーから供給される電気ですし、各種コンピューターやエアコン、カーナビやヘッドライトなど自動車は電気装備のかたまりです。
エンジンが回転している間は、オルタネーターと呼ばれる発電機が電気を発生させますが、自動車が使用する電気量が発電量を超えてしまった場合でも、バッテリーに蓄えられた電気を使うことによって、自動車はその機能を損なうことなく使用できます!

さて、そんな大事なバッテリーですがどれくらいの期間使えるのか?寿命はどんなものでしょうか??

IMG_0119.JPG


普段の使い方やメンテナンス状況によって寿命も変化しますので一概には決められませんが、
バッテリーの寿命は一般的に2~3年と言われています。
まめにメンテナンスしていれば4~5年もつこともありますし、酷使して2年くらいでダメになることもあります。

バッテリー上部のキャップから補水できるタイプであれば、バッテリー強化液を使ってメンテナンスすることができますが、最近ではパナソニックのカオスなどのように補水不要のメンテナンスフリーバッテリーが流行ってきてます!

パナソニック カオスバッテリー
https://panasonic.jp/car/battery/

最近の自動車バッテリーは、高性能であるがゆえに、寿命末期の弱ってきた症状(エンジン始動が弱い、ヘッドライトが暗い)が分かりづらいため、点検には専用のバッテリーテスターを使用します。
カー用品店やガソリンスタンドでも無料チェックしてくれるところがほとんどですので、バッテリーを交換してから2年以上経過する人は点検をお願いしてみてはいかがでしょうか?
出先での急なバッテリー上がりのトラブルも未然に防止できますね!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事