自動車のエアコントラブル!エアコンが冷えない?!修理代や費用は?!

春が来たかと思えばあっという間に暑くなって、もう夏が近づいてきました。
自然の力強さが感じられる、いい季節なんですけど暑すぎるのは大変ですね。
そんな時期に多いトラブルとして自動車エアコンがあります。
ただでさえ暑いのにエアコンが効かなくなった日にはもう...
AKANE072160353_TP_V.jpg

何処が悪いかによって修理金額も変わってきますので下記をご参考ください。

◆自動車エアコントラブル◆

ケース①効きが弱い

一番多いトラブルはエアコンガスが少ないことによって効きが弱くなることです。
エアコンユニットは多数の部品で構成されているのですが、エアコンガスが循環する場所は完全に密閉されているわけではありません。
金属部品のつなぎ目にシールやパッキンが使われているのですが、年数が古くなれば少しづつガスが漏れていきます。
漏れていると言ってもごく少量ですので、基本的に補充だけで十分だと思います。
エアコンガスの補充は、ガソリンスタンドやディーラー、オートバックスなどで行えて、金額は3,000円~5,000円くらいになるかと思います。
ちなみに、冬でもエアコンを定期的にかけることによってエアコンガスの漏れを抑えることができます。
※温度を低く設定する必要はなく、暖房時でもACスイッチ入っていればオッケーです。

ケース②エアコンが全く効かない

これはやっかいなケースでして、原因として
・エアコンガスが全く入っていない
・コンプレッサーが壊れて作動しない
・それ以外の故障

などが考えられますが、エアコンガスが全く入っていなければ大きな漏れが予想されるので高額修理の可能性もあります。修理の手順としては特殊塗料をエアコンガスの中に混ぜて、漏れている場所を突き止めます。
コンプレッサーが壊れている場合はやはり交換修理が基本となるため高額です。ただ、コンプレッサー本体を中古で手配して費用を抑えることもできますので修理工場さんとご相談ください。

ケース③エアコンをつけるとベルト鳴きの音がする

エアコンをつけるとコンプレッサーが作動するため、その動力をエンジンからベルトで供給します。
ベルトが古いと鳴きの原因となりますので、交換が必要となります。
費用としては7,000~12,000円くらいです。

ケース④エアコンをつけると臭う

どこに、においが付着しているかによって対処が異なりますが、まずはエアコンフィルターを疑います。
エアコンフィルターはほとんどの車種で助手席のグローブ裏に設置されてます。
エアコンフィルター本体は3,000~5,000円くらいで購入可能ですので、できたら一年に1回交換してあげるといいと思います。
他には、エアコンの風を通る場所にカビやにおいが付着してしまうケースがあります。
カー用品店に行くと、専用の消臭剤が売っていて簡単な手順で使えますので、まずはここから始めるのがお手頃かと思います。

外の暑さから解放されるエアコンの効いた車内は快適であって欲しいですね。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事