ヘッドライトをキレイにする!劣化した状態からピカピカに!

古くなって劣化してしまったヘッドライトの表面。黄ばんでしまって、せっかくのお顔が台無しですよね。
今日はそんなヘッドライトをピカピカにするお話し!

最近の自動車は、ほとんどのヘッドライトが樹脂カバーとなっています。なので紫外線の影響を受けて劣化が進み、表面が黄ばんでしまうんですね。
昔のヘッドライトであればガラス製なので劣化がほとんどなく、簡単に汚れもとれました。

黄ばんでしまったヘッドライトは見た目にも良くないですし、意外とヘッドライトの光を遮っているので、磨くことで見た目がピカピカでキレイになり、さらにライトの明るさが増して夜も安心!

では具体的にどうしていくかご紹介!

☆劣化したヘッドライトを綺麗にする方法☆

こんなに劣化して汚れてしまったヘッドライト...早速きれいにしていきましょう!
DSC_0763.JPG

①まずはヘッドライトの表面の汚れを落とします。簡単な水洗いをしてからタオルなどでふきあげればオッケーです!
②次に耐水ペーパーを使って表面のザラつきがなくなるまで磨きます。そんなに力を入れなくても、撫でるように磨けばオッケーですよ!今回は2000番で磨きます。
※ヘッドライトの周りにマスキングテープをしてあげると、誤ってボディをキズつける心配が無くなります。
するとこれくらいまでは綺麗になります!

DSC_0764.JPG

③まだ完成ではございません!耐水ペーパーで磨いただけでは表面が荒いですので、コンパウンドを使ってさらに磨き上げます。ポリッシャーを使って磨きましたが、専用の機械が無くても市販品で手で磨けるものもあります!

SOFT99 ( ソフト99 ) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 [HTRC3]

コーティング効果もありますのでバッチリキレイになって、その状態が長持ちします!
④はい!完成!ピカピカになりましたね☆やはりヘッドライトはお車の正面にありますから、キレイにするとビックリするほど印象が変わります!
DSC_0765.JPG


☆注意点☆

・ただ磨くだけでは、表面のコート剤を剥がしてしまうだけなので、時間がたてばすぐに劣化が進んで黄ばんでしまう。
・磨いたあとの表面をコーティングすることによって、綺麗な状態を長持ちさせる。

コーティング効果のあるヘッドライト磨き剤
SOFT99 ( ソフト99 ) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 [HTRC3]

お目目が綺麗になれば見違えるほどにフロントフェイスが引き締まります!
また、ご自身で作業をする自信が無い方は、最寄りのオートバックスさんやジェームスさんでもピットメニューとして3,000~5,000円ほどで行っています!
ただ、作業難易度としてはかなり低いので、ぜひチャレンジしてみてください!お車にさらに愛着がわきますよ!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事