月々1万円で新車に乗れる!マイカーリースってなに?!お得なの?

人気の軽自動車が車検や税金なども含めて、新車で月々たったの1万円で乗れます!

なんてことを最近よく見かけたり耳にしませんか?

今、多くの会社から月々1万円で乗れるマイカーリースという商品が販売されています。
そして少し前から流行りだしてCMはもちろん、折り込チラシや広告でも触れる機会が増えました。

・でも100万円以上もする新車が月々たったの1万円なんて怪しくない?
・何かカラクリがあるのでは?
・実際にお得になってるの?
・車検も税金も込みなら他にかかるお金は無いってこと?
・リースってことは借り物で返さなきゃダメなの?
そんなあなたの疑問にズバリお答えします!!どうぞお付き合いください!!

月々1万円で新車に乗れるマイカーリース.jpg

☆月々1万円の自動車はどこで買えるの?☆

マイカーリースを扱う代表的な会社は以下の6社が有名です。

フラット7
株式会社オートコミュニケーションズが運営。他にも、
新車に半額で乗れるオートローン「新車半額 ワンナップシステム」
車検が最短45分で完了する「High Speed & Low Price ウルトラ車検」
を運営している。

新車市場
株式会社カーベルが運営。他にも、
100円レンタカー!10分100円からの格安、激安レンタカー
ペットの旅立ち 「ありがとう」の気持ちを込めてペットの旅立ちをお手伝いします。
を運営している。

定額ニコノリパック
株式会社 MIC(ミック)が運営。

カーコンカーリース もろコミ
カーコンビニ倶楽部株式会社が運営。
カーコンビニ俱楽部 自動車 修理ならカーコンビニ倶楽部!車 修理や販売情報満載!

オリックス自動車
オリックス自動車株式会社が運営。

TAX 月額8千円から新車が乗れるカーリース|タックススーパープラン
株式会社タックス本部が運営。

☆ほんとに月々1万円で乗れるの?☆

残念ながら1万円だけではおさまりません。月々の支払を1万円にする場合は、ボーナス払いの併用が必要となり、軽自動車であれば、車種によってボーナス加算額が3~5万円ほど必要です。
ただ、車検や自動車税を含んでいるので、月々のリース料以外にはガソリン代と任意保険代くらいしか、かかりません。
ボーナス払いではなくて、均等払いをご希望の方はボーナスを無くして月々の支払を増やすこともできますし、頭金や下取り車を入れて支払いを抑えることも可能です!

☆ぶっちゃけマイカーリースってお得なの?☆

車検代や税金を含んでいて、毎月の支出を一定におさえることができるため、支払いしやすいメリットはありますが、実はお得ではありません
リースと言っても、ローンで自動車を買うのと同じように、金利に代わってリース料率というものが別途かかります。
販売店によって異なりますが、4.9%前後のリース料率がかかるため、銀行や新車ディーラーでローンを組むよりも金利が高いのです。
さらに、車検代や税金に対してもリース料率はかかってきますので、通常のローンを組んで購入するよりも支払い総額は高くなります。

さらに、月々が安いと言っても、残価設定と言って、リース期間終了後に自動車の未精算額(支払いが済んでいない自動車の金額)が残っているため、リース終了時点での自動車の売却額との差によっては追金が必要になる可能性もあります。

☆マイカーリースは返さなきゃいけないの?☆

名称がリースなので、ややこしいですが、分かりやすく言うと、マイカーリースというのは車検代や自動車税を月々の支払に含めるローンだと考えていただければ分かりやすいです。
なので、支払いが済んだ分に加えて残っている車両代を支払えば完全にマイカーにすることができます。
レンタカーとは全く異なるので注意ですね!
例えば7年リースをして、リース終了時点で30万円の残価が残っているとすると、その分を現金やローンなどで支払えばマイカー(完全に自分の車)になるので返さなくてもオッケーです!

☆マイカーリースにデメリットやリスクはあるの?☆

先ほど、残価設定について軽く触れましたが、残価設定とはリース期間終了時点でその自動車がいくらで売れるのか(いくらの価値が残っているのか)を表したものです。
注意点は、その金額で買い取るという確約では無いということです!!
なので、リース期間終了時に自動車の相場が著しく低下していたり、自動車が傷だらけになってしまった、事故などで修復歴車になってしまった場合には設定した残価との間に開きが発生します。
たとえば、残価設定が30万円の自動車が、リース期間終了時に15万円の売値しかつかないとすると、その差額15万円を誰が負担するのか?
そう!契約者であるお客様です!

マイカーリースのリスクは、自動車価値の下落です。
そして、差額分の支払いができなければ自動車を返すこともできないのです。

デメリットに関しては、契約期間が3年から7年と長期に渡るため、例えばお引越しをした場合や自動車の所有を急に止めたくなった場合が面倒です。
契約期間中のメンテナンス(車検など)を契約したお店に任せるため、お店に不満があっても変更できません。
また、リースを期間中に止める場合には未精算リース額を支払う必要があるので(自動車の売却額と相殺はしますが...)その時にどれくらいのお金が必要になるのかが予測しづらいです。

☆結局のところ、マイカーリースっておススメなの?☆

先に結論からお話ししますと、僕ならばマイカーリースは契約しません
だって現金やローンで購入するよりも高いんですから。そして、契約店との長期契約も僕は苦手です。
スマホの2年縛りみたいですね...

では逆にどんな人にならおススメできるのか?
ズバリ、めんどくさがりな人です!マイカーリースならば車検や税金も含まれているため、最悪貯金をしていなくても自動車に乗り続けれます。
自動車の支出が一定なので家計簿の管理も楽ですね。
でも、現金で買って、あるいは低金利のローンで購入して、自分で車検や税金を管理した方が安いのは間違いないです!!

あと、法人として使用する場合には経費で落とせるので、管理を楽にするのにおススメです!
☆最後に☆

色々とお話ししましたが、マイカーリースの契約が年々増えているのは間違いないですし、まだしばらくは伸びていくと思います。
支払い総額が高くなると言っても、車検や税金の管理をしてくれているのならば必要経費と割り切ることもできますし。
長期契約も良く言えば、かかりつけの車屋さんを持つことにもなります。
人によって求めるものが違うので、僕は契約しませんけど、内容を知って『良いじゃん!』って思えたのならば自動車の新しい乗り方として検討してもいいと思います。


この記事へのコメント

人気記事