L880Kコペンのステアリングを純正MOMOステのウッドコンビに交換してみました!作業を写真付きでご紹介(ー_ー)!!

今回ご紹介の作業はL880Kコペンのステアリング交換です!

お客様から純正で設定のあるMOMOのウッドコンビステアに交換したいとお話をいただいていたのですが、中々程度の良い中古が出ずに時間が流れていきました...

しかし、お客様からヤフオクで良さそうなものがあるとご連絡をいただき、こちらで落札して部品をご準備させていただきました!

そしてご来店いただき、早速作業を進めていきます!!

IMG_0308.JPG

まずはじめに必ず行う作業はこちら、バッテリーのマイナス端子を外しておきます

これをやらないと、とっても危険ですので必ず実施してください(ー_ー)!!

ステアリングを外すときに、運転席のエアバッグを取るのですが電気が残っているとエアバッグが作動してしまい、骨折などの大怪我につながる危険性があります。

僕はマイナス端子を抜いて15分以上は空けて作業に入ります。
すぐに作業を始めてしまうと、エアバッグに残った電気で作動してしまいますので必ず15分以上時間をおきましょう。

次はステアリングの取外しを行います。

IMG_0310.JPG

IMG_0311.JPG

ステアリングの横、左右にトルクスネジがありますのでこちらを外します。

IMG_0312.JPG

IMG_0313.JPG

T30のサイズですので、手持ちがない方はホームセンターや工具屋さんで入手しましょう。

IMG_0314.JPG

トルクスネジを2本外すと、エアバッグカバー部が手前に外せます。

IMG_0315.JPG

エアバッグカプラーとホーン配線を外します。
...エアバッグカプラーを抜くときはとっても緊張しますね(._.)

IMG_0316.JPG

お次はいよいよステアリング本体を外します。

センターに17ミリのナットで固定されていますので、こちらを反時計まわりに回して外します。
僕はクロスレンチで外しました。

ちなみに、この作業を行う時には次につけるステアリングの位置がずれないようにするため、ネジの方へ上下左右の位置にマジックなどでマーキングしておきます。
こうすることで次につけるステアリングの位置が正確に取付できます。

ナットをゆるめても、ステアリグが固着している場合はかなり固いですが、ハンドルロックなどを利用して力いっぱいに外します。

IMG_0317.JPG

次に新しいステアリングを上下左右を合わせて装着、ナットを締めつけます。

IMG_0318.JPG

エアバッグ配線とホーン配線をつないでセンター部分を取り付け、そして左右のトルクスネジを締めたら完成(ー_ー)!!

取付後はバッテリー端子を戻して、試乗しながらハンドルセンターにズレが無いか、エアバッグランプは点灯してちゃんと消えるか、ホーンは鳴るかをチェックしていきます。

ステアリングが変わるだけでかなりイメージチェンジできますね!!

MOMOのウッドコンビステアカッコいいなー(-"-)

作業難易度は低めですが、エアバッグを扱う危険性がありますので自信の無い方は気軽に当店へご相談ください!!

部品持ち込みでも工賃5500円~

部品の手配も可能です!!

それではまた!!


この記事へのコメント

人気記事