コペン(L880K)を買うならここをチェック(ー_ー)!!個人的に気になる7つのポイントをご紹介!

久しぶりにコペンがお店に登場したので、コペンをお探しの方に購入前のチェックポイントを軽くお話いたします!

と言っても、僕もオークションや商品として見てきた中でのポイントなので実際に所有するオーナー様たちよりは情報が少ないと思いますが、コペン探しの参考に少しでも役立てていただけましたら幸いですm(__)m

IMG_2500.1.jpg

僕がコペンを見る時にチェックするポイントは主に下記の7つです!!

①エンジンオイル漏れが無いか(タペットカバーパッキン)

IMG_2529.JPG

コペンでオイル漏れが見られるケースはかなり多いです。
と言いましても、タペットカバーパッキンからの漏れなのでそこまで重症でも無く、部品工賃合わせても1万円ちょっとで直ります。
ボンネットを開けて、運転席側の側面から見ると分かりやすいかと思います。
中古車をチェックした時にオイル漏れを発見したら、修理をしてもらえるのかお店の人に確認してみましょう。

②電動オープンがスムーズに動くか

IMG_2520.JPG

アクティブトップであれば電動オープンが付いてます。
この電動オープンが動かないとコペンの醍醐味が...
動きが悪い時でも、トランク内にある油圧装置にオイルを補充すると良くなることがあります。
あとは走行中の屋根のがたつきは微調整で直ることがありますし、がたつきによってセンサーが誤作動して警告が鳴ることもありますので、そのあたりもチェックです。

③リアフェンダーがサビて塗装が浮いていないか

IMG_2504.JPG

これもかなり多いコペンの不具合で、リアフェンダーの塗装仕上げが悪いため、水気が入ってリアフェンダーがサビて塗装が浮いてきます。
ここは必ずチェックした方が良いと思います。

④トランクに水が入ったり、サビていないか

IMG_2519.JPG

これはコペンに限らず、ハッチバックの車の宿命ですが...劣化した防水ゴムの隙間などから雨水や洗車時の水が浸入してトランクにたまりサビてしまうことが多々あります。
トランクを開けて、床をめくってしっかりと確認しましょう。

⑤下回りの状態

IMG_2531.JPG

これもコペンに限らずですが、下回りの錆腐食が多い車は後々に整備で苦しみます。
錆や固着で部品が外れなかったり、腐ってボロボロに崩壊したり...
下を覗き込んで、異常な錆が無いかチェックします。

⑥クラッチの動作はスムーズか(MT車)

IMG_2526.JPG

コペンのMT車は距離を走っていると、レリーズがダメになってクラッチの動きが悪くなっている個体がちょこちょこ見受けられます。
クラッチペダルを踏み込んだ時に違和感が無いかチェックします。

⑦ターボはしっかりと効いているか

IMG_2502.JPG

これもけっこうな高確率で出てくる不具合です。
ターボチャージャー(タービン)がダメになって、加速がめちゃめちゃ遅くなっていることがあります。
対策としてはタービン交換しかないので、リビルト品などを使うと部品工賃込みで7~8万円くらいはします。
安いリビルトタービンも見かけますが、あまり安いのもどうでしょうか??
個人的には怖くて激安タービンは敬遠してしまいますが...

この症状に関しては試乗して走ってみないと分からないので、お店の人に相談しましょう。


このあたりはコペンを探すときの重要ポイントかなと思います。
もちろん、中古車として基本的にチェックするべきポイントもありますのでそこを含めて確認したいですね。

丸いライトに丸みを帯びたボディ、キュートなコンパクトサイズ、そして名前も可愛らしい(笑)
男女ともに幅広いお客様に愛されるお車だと言うのも納得です。
これから寒い季節ですが、寒い中でも暖房をつけてオープンで走るのも個人的には楽しいかなと思います。

でもデートでそれをやってお相手に嫌われても責任はとれませんm(__)m
ので、ちゃんと相方とご相談の上でオープンしてください!

それではまた!!

この記事へのコメント

人気記事